SiteTop


PMSは生理前に起きる女性特有の症状です

PMSという言葉を聞いたことがあるでしょうか?女性には、毎月生理がありますが生理前になると、体がだるくなったり眠気がしたり、精神的にも憂鬱で気分が優れないなどの、症状が現われることがあります。

これらの生理前に起きる症状を、月経前症候群または、PMSとも言います。


生理が始まる3〜10日前になると、体や精神的不調が現れ生理が終わるとともに、症状がなくなっていくのが特徴です。

不調を感じながら、その原因がPMSだと知っている人は、意外に少ないようです。

では、これらの症状が起きる原因や、症状は一体どんなものなのでしょうか?
PMSが起きる原因としては、明確には分かっていないのが実情です。

しかし、女性ホルモンが大きく関係している可能性が高いようです。

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。

排卵日を境に、排出されるホルモンが変わります。

月経後に分泌されるのが卵胞ホルモンで、排卵があると黄体ホルモンが分泌されます。

黄体ホルモンが分泌されると、体にいろいろと変化が起こります。

黄体ホルモンは体内に水分を溜めやすくするため、体がむくみやすい状態になります。

水分が乳房に溜まれば、胸が張ったように感じます。

生理前に胸が張ったり痛みが出るのも、この黄体ホルモンが原因なのです。


また、脳内ではセロトニンという物質が分泌されますが、これが減少すると鬱っぽくなったり、落ち込んだり気分が優れなくなります。

黄体ホルモンは、セロトニンの分泌にも大きく関わっているようです。


生理前になると低血糖になりやすく、これも黄体ホルモンによるもので、食欲が増す原因となっているようです。


では、症状としてはどんな風に現れるのでしょうか?
症状は個人差があるようで、その数は200以上とも言われています。

よく起きる症状としては、体に現れるものとメンタル面に現れるものがあります。

体に現れる代表的な症状としては、頭痛・腹痛・倦怠感・乳房のはり・肌荒れなどです。

メンタル面においては、憂鬱になる、落ち込む、怒りっぽくなる、イライラする、泣きたくなるなどの症状が現れます。

これらの症状は人それぞれなので、決して女性みんなに当てはまるわけではありません。


PMSの症状は、軽減はできてもなくすことはできません。

うまく付き合っていくことが大切になります。

特に、食生活や生活習慣の乱れは、症状を悪化させてしまうので、普段のライフスタイルを見直すことも大切です。

また禁煙や適度な運動も、効果的と言われています。

それでも症状がひどい時は、病院で診てもらうことをおすすめします。




PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、PMS イライラ、